# enttbl.pl -- 実体参照の一覧表を作る print "
\n";              # HTML開始
print "実体参照\t文字\n";           # 見出しを出力

for $hex (0x80 .. 0xFF) {           # 0x80から0xFFまでの数値を$hexに入れながらループ
    print "&#$hex\t\t\&\#$hex\n"; # 見出しとしての実体参照の書き方は全角、実体参照そのものは半角
}
print '
\n'; # HTML終了